送別会参加者感染 大分県職員も1人

 大分県は8日、県職員が3月25日に開いた職場の送別会に15人が参加し、うち1人が新型コロナウイルスに感染し、変異株の疑いがあると発表した。県職員の感染経路は不明。

 送別会は県内の飲食店で開催。参加者はアクリル板で仕切られた複数のテーブルに分かれ、会話時はマスクを着けるなどの感染対策を取っていたとして、県は「不適切な食事会ではなかった」としている。

 県内の感染状況から県は現在、会食は「家族や職場の仲間とは差し支えない」としている。その上で、大人数の場合は「3密」にならないよう複数の机に分かれることなどを呼び掛けている。 (吉村次郎)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR