佐賀県の医療機関職員 ワクチン接種後陽性

 佐賀県は8日、新型コロナウイルスのワクチンを接種した佐賀市の50代女性1人が、接種後に陽性が確認されたと発表した。女性は県内の医療機関の職員で接種回数は1回。ワクチン接種後の感染確認は同県では初めて。

 女性は3月18日に職場で米ファイザー製のワクチンを接種。29日に38・5度の発熱があり、医療機関を受診し、31日に陽性が分かったという。感染経路は不明。現在は宿泊療養施設で療養している。

 県健康増進課は「ワクチンは接種から10~14日経過しないと十分に効果を発揮できないとされている。接種後もマスク着用など感染対策を徹底してほしい」と呼び掛けた。 (野村有希)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR