りんとして堂々と 岩崎つや子

 幼い頃から、人見知りが激しい孫息子。人さまと会うと目をつむって寝たふりをし、人さまが去ったかどうか目をパチパチしながら確認していた子。幼稚園では「ばーば、必ず迎えに来てよ!」とべそをかいていた子。いつの間にか小学6年生となり、この春の卒業式で証書を代表でいただいた。

 成績が抜群にいいわけではなく...

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR