「開拓」続ける谷川俊太郎さん 初詩集から70年 言葉のインフレ憂う

 詩人の谷川俊太郎さん(89)が来年に初詩集「二十億光年の孤独」の発表から70年の節目を迎える。常に読者を考えて詩作してきたが、反応はいつも意外だったという。東日本大震災後、読まれ方が変わった詩もある。1960年代に書いた「三月のうた」だ。...

関連記事

PR

文化 アクセスランキング

PR