社民党の元衆院議員 重野安正氏が死去 79歳

 社民党の元衆院議員、重野安正(しげの・やすまさ)氏が9日午前4時35分、心筋梗塞のため大分市内の病院で死亡したことが、関係者への取材で分かった。79歳。

 大分県職員から大分県議を7期務め、2000年の衆院選比例九州で初当選。07年12月から党幹事長を務めた。09年の衆院選では民主党の選挙協力を得て、大分2区で当選を果たした。衆院選での当選は計3回。12年の衆院選は体調不良のため立候補を断念し、政界を引退した。(吉村次郎)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR