『恋するアダム』イアン・マキューアン著 架空の1982年のアンドロイド

 アンドロイドが小説に描かれるときは、ダウンロードが完了した、人間と見分けのつかない姿で登場することが多いが、この小説はそうではない。主人公チャーリーが「アダム」を購入して自分の家に運び込むところから始まる。臍(へそ)から伸びた充電用のケーブルや、生温かいオイルの匂いや、ぼんやりした表情など、到着し...

関連記事

PR

読書 アクセスランキング

PR