鷹、痛恨ドロー 三回までに7点、暗転 高橋礼5失点、五回に降板

 大量7点をリードも、一時は7-8と逆転を許した。中村晃の同点打で引き分けに持ち込んだが、4時間に迫る試合を終えた工藤監督の表情は険しかった。「何とか同点に追い付いて負けなかった試合。次、勝って福岡に帰ることが大事」と努めて気丈に振る舞った。

 初回に栗原のタイムリーなどで先制。二回に1点、三回にも真砂の三塁打などで3点を追加した。楽勝ムードも漂ったが、先発の高橋礼が崩れた。三、四回にそれぞれソロを浴び、五回に2点を与えた後に島内に直球を中前適時打とされたところで降板。「7点を取ってもらったのに五回を投げきることができず、中継ぎの方にも野手の方にも本当に申し訳ない」と声を落とした。

 試合前には6日の日本ハム戦で負傷したエースの千賀が左足首の靱帯(じんたい)損傷と診断されたことが発表された。工藤監督は「こうなってしまったことは残念です。エースでもある人が戦線を離れることは大きい。復帰までチームがいい状態でいられるようにみんなでカバーしあってやっていくしかない」と話す。チームにとって「ダブルショック」な一日となった。 (山田孝人)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR