福岡知事選きょう投開票

 小川洋前知事の辞職に伴う福岡県知事選は11日投票、即日開票される。無所属新人2人が立候補し、新型コロナウイルス対策や小川県政の評価を巡って論戦が繰り広げられた。同日深夜には大勢が判明する見通しで、10年ぶりに新しい知事が誕生する。

 立候補しているのは、元福岡市議の星野美恵子氏(70)=共産支持=と、元副知事の服部誠太郎氏(66)=自民、立民、公明、社民推薦。無所属新人同士の一騎打ちは、小川氏が初当選した2011年以来。

 期日前投票は19年の前回を下回っている。投票率も焦点の一つで、過去最低だった15年の38・85%を下回る可能性もある。

 県選管が10日発表した当日有権者見込み数は418万8591人。 (黒石規之)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR