柳川市長に金子氏4選 投票率過去最低46・43%

 福岡県柳川市長選は11日投開票され、無所属現職の金子健次氏(72)が、無所属新人で元日本経済新聞記者の松藤政司氏(61)を破り、4選を果たした。

 選挙戦は8年ぶり。コロナ禍で打撃を受けた観光業の立て直しや人口減少への対策などが争点となった。金子氏は市長3期の実績や国・県とのパイプの太さを強調。農漁業団体などから60の推薦を受け、組織戦で勝利した。

 投票率は46・43%で過去最低。当日有権者数は5万3973人(市選管調べ)。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR