消えゆく「心の店」

 福岡県久留米市で、ここ数カ月で2軒の“名物店”が閉店した。どちらも18年ほど前に勤務した記者時代を思い出させる、なじみ深い店だ。

 1軒は飲み屋街「文化街」にあった「いとまん ヤマダの甘栗」。酔客のお土産として人気で、大通りに面した目立つ店構えはタクシーを呼ぶ際の目印でもあった。大きな連載を抱えた...

関連記事

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR