尾前照雄氏死去 九州大医学部付属病院長など歴任

 尾前 照雄氏(おまえ・てるお=元九州大医学部第2内科教授、国立循環器病センター名誉総長、循環器内科学)7日午後10時45分、福岡市城南区茶山の自宅で死去、94歳。韓国生まれ。葬儀・告別式は親族で営まれた。後日、お別れ会が開かれる予定。

 九州大医学部付属病院長、国立循環器病センター総長などを歴任。73年、生活習慣病の疫学調査「久山町研究」の代表者として西日本文化賞を受賞した。

PR

社会 アクセスランキング

PR