燈火ちかく衣縫う母は 稲益悦子

 昨年、「山賊の歌」のことを書いた紅皿を読んでから、私はヤッホーヤホホとよく歌うようになりました。歌っていると遠い青春の日々が思い出されます。

 山登りが好きな友だちがいて、大分県の九重山や大船山に連れて行ってもらいました。細い山道を1列になって登るのですが、最初に疲れるのは自分の荷物しか背負ってい...

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR