リンガーハット、過去最大の赤字 87億4600万円、コロナ直撃

 リンガーハット(長崎市)が14日発表した2021年2月期連結決算は、純損益が87億4600万円の赤字(前期は2億1千万円の赤字)だった。赤字幅は1962年の創業以来最大に膨らんだ。新型コロナウイルス禍で収益性が落ちた店舗の資産価値減額や128店舗の閉店を迫られ、特別損失約26億円を計上した。

 東京都内で会見した佐々野諸延社長は「近年、出店を強化してきたちゃんぽんのフードコート店舗が特に大きな打撃を受けた」と述べた。売上高は前期比28・0%減の340億4900万円だった。営業時間短縮や休業などで、直営とフランチャイズを合わせた売上高は、ちゃんぽん事業が同68・9%、とんかつ事業も同73・1%に落ち込んだ。

 22年2月期の業績予想は、売上高が8・7%増の370億円、純損益は8億円の黒字転換を見込む。新規出店を1店舗に抑え、既存店はテークアウトなどを強化する。 (下村ゆかり)

関連記事

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR