福岡、川崎に善戦及ばず サロモンソン同点弾、後半に2失点

 元チームメートの「2発」に泣いた。前半19分、昨季福岡でプレーした川崎の遠野に打たれたミドルシュートは味方に当たってゴールに吸い込まれた。サロモンソンの直接FKで追いついたが、後半10分にもクロスの跳ね返りを遠野に打たれ、知念に角度を変えられて勝ち越された。長谷部監督は「もっと相手に寄せてシュートを枠内に収めさせないようにしないと」と悔やんだ。

 前節のC大阪戦も先制した直後にミドルシュートで失点。「球際であと1歩詰める」が今のチームのテーマだ。昨季王者で今季無敗の川崎の正確なパスワークにも陣形を崩さず、中盤でプレスをかけてボールを奪取。善戦しただけにGK杉山は「誰かがクリアしても足を止めず、セカンドボールを予測しなければ」と反省した。

 今も古巣に特別な感情を抱く遠野は「本当に複雑」と先制点の喜びは控えめだった。「僕が言うことではないけど、僕たちはミドルシュートに対する寄せを意識している。意識を変えていけばいい」と助言さえした。身をもって課題を教えてくれた元同僚の恩に報いないわけにはいかない。 (末継智章)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR