医療従事者60代女性、ワクチン接種後死亡 長崎では初の確認

 長崎県は14日、県内の医療従事者を対象とした新型コロナウイルスワクチンを優先接種した60代女性が、10日ほど後に死亡したと発表した。死因は脳出血で、ワクチン接種との因果関係は現時点では不明。今後、国の専門家が事例を評価するという。接種後の死亡確認は、同県内では初めて。

 県によると、女性は3月中旬に米製薬大手ファイザー製ワクチンの1回目の接種を受け、同下旬に死亡した。基礎疾患はなく、接種日から死亡までの間に副反応を疑う症状もなかった。

 接種後の副反応疑いは、医療機関から医薬品医療機器総合機構(PMDA)を通じて国に報告されることになっており、今月9日に国から県に報告があったという。 (岡部由佳里)

関連記事

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR