家族同士、話すだけでも 連載「霹靂の日々」(69)大島一樹

 先日、入会した「遷延性意識障害者・家族の会 九州『つくし』」のメンバーの方と初めてお会いしました。会報の発送のための封入作業を手伝ったり、雑談したり。場所は福岡市動物園にほど近い、事務局長さんの自宅でした。会員歴の長い人から、つい先日入会した人、ボランティアも含めて約10人。封入作業後に、自己紹介...

関連記事

PR

くらし アクセスランキング

PR