「五輪中止も選択肢」二階氏発言の思惑は 火消しに追われる首相

 自民党の二階俊博幹事長は15日午前、TBSのCS番組収録で、新型コロナウイルス感染がさらに拡大した場合の東京五輪・パラリンピック開催について「とても無理と言うならやめないといけない」と述べた。同日昼のニュースで大きく取り上げられ、二階氏は「ぜひ成功させたいという思いだ」と慌てて釈明したが、党内からは「中止になった場合に首相の政治責任が追及される事態を避けるための予防線では」などと臆測も広がる。

 二階氏は番組収録で「五輪で感染をまん延させたとなれば、何のための五輪か分からない」とも発言。菅義偉政権は東京五輪・パラを「人類がウイルスに打ち勝った証し」と位置付け、「中止はない。必ずやるんだ」(政府高官)と意気込みを示してきただけに、与党幹部が中止の可能性に言及したとしてテレビ各局は大きく報道した。

 驚いた二階氏は同日午後に文書で釈明し、党として安全、安心な五輪開催を支えると強調。首相も同日夜の訪米直前、記者団に「開催に向け、感染防止に万全を尽くすことに変わりはない」と述べ、降って湧いた中止論を打ち消した。

 ただ、老練な二階氏の発言だけに真意は読めず、党内では「失言とは思えない」(若手議員)との見方が大勢だ。

 もし五輪中止となれば政権運営へのダメージは計り知れず、感染拡大の責任と相まって党内で「菅降ろし」が起きかねない。二階氏が首相の後見役であることから、九州選出のある議員は「五輪中止の選択肢もあると先手を打った。『中止イコール退陣』ではないと誇示した」とみる。

 ベテラン議員は「首相は内心ほっとしているのでは。中止になっても、自分だけの考えじゃないと主張できる」と声を潜める。 (東京支社取材班)

関連記事

PR

政治 アクセスランキング

PR