「マリエラ」博多湾から大村湾へ HTBに西鉄売却、7月就航

 長崎県佐世保市の大型リゾート施設ハウステンボス(HTB)は、西日本鉄道(福岡市)が1月まで博多湾で運航していたレストラン船「マリエラ」を取得したと発表した。7月10日からHTBを発着し、施設に面する大村湾を巡るクルーズ船として活用する。

 マリエラは1993年に就航。博多湾の眺望を楽しみながら本格フランス料理を味わえる豪華な雰囲気が人気を呼び、延べ約130万人が利用した。新型コロナウイルスの感染拡大などで利用者が落ち込み、西鉄は今年1月1日を最後に営業運航を終了。2月にHTBに売却した。

 HTBは、ディナークルーズや花火観覧クルーズを計画。結婚式・披露宴、パーティーなどの貸し切り運航も行う。就航初日の7月10日には記念ディナークルーズ(大人7千円など)を開催する。問い合わせ=0956(27)0545。 (宮崎省三)

PR

経済 アクセスランキング

PR