福岡の重点措置適用、西村氏「必要あれば」 分科会で拡大懸念相次ぐ

 西村康稔経済再生担当相は16日午前、新型コロナウイルスの新規感染者数が急増している福岡県について「必要があれば、機動的に対応していきたい」と述べ、「まん延防止等重点措置」の適用も視野に感染状況を注視する考えを示した。

 埼玉、千葉、神奈川、愛知の4県を重点措置に追加適用することを了承した政府の基本的対処方針分科会後、記者団に明らかにした。この日の分科会で複数の専門家から「福岡県もここに来て(感染拡大の)予兆が見え始めている。しっかりと対応してほしい」との指摘があったという。

 福岡県では14日に156人、15日に109人の新規感染者を確認。変異株感染者の割合も高まり、直近1週間の新規感染者は前週の2倍を超えている。西村氏は「都市の中でもさらに細かな地域の感染状況をしっかりと把握しながら、対応していきたい」と語った。

(河合仁志)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR