小郡市長選、現元新三つどもえの争いか 18日告示25日投開票

 小郡市長選が18日、告示される。再選を目指す現職の加地良光氏(56)、元市長の平安正知氏(60)=自民、立民推薦=、新人の古賀秀紀氏(66)の無所属3人が立候補の意向を示している。投開票日は25日。

 自民党県連が平安氏を推薦したのに対し、衆院福岡6区の鳩山二郎国土交通政務官(自民)が支部長を務める「党県衆議院支部」が加地氏を推薦。事実上の自民分裂選挙に古賀氏が参戦する構図となっている。九州道インターチェンジの周辺開発といったまちづくりの方向性や企業誘致策、財政再建策などが争点になりそうだ。

 立候補の届け出は18日午前8時半~午後5時、市生涯学習センターで受け付ける。有権者数は4万8736人(3月24日現在、市選管調べ)。 (内田完爾)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR