福岡県産ノリ最終入札、単価は7年ぶり低水準 コロナで消費低迷

 有明海で養殖された県産ノリの今季最終入札が16日、柳川市大和町の福岡有明海漁連共販センターであった。今季の1枚当たりの平均単価は、新型コロナウイルスの影響による消費の落ち込みで、前年度比で3・45円下がって10・40円と7年ぶりに11円を下回った。総販売額は同26・80%減の132億9277万円、総生産量は同2・52%減の12億7831万枚だった。...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR