石炭存続へ新たな一手 全廃は困難 調整電源の役割も

 世界的に「脱炭素」の機運が高まる中、批判が集中する石炭火力発電経済産業省の削減方針を受け、国内最多の石炭火力を保有する電源開発(Jパワー)が発電効率を高めて設備を存続させる方針を打ち出した。石炭火力への依存度が高い九州電力など、他の電力大手に広がる可能性がある。ただ、既存設備が維持されるため、二...

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR