中国GDP過去最大18%増 1-3月期 コロナ反動、個人消費は回復遅れ

 【北京・坂本信博】中国国家統計局が16日発表した2021年1~3月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質で前年同期比18・3%増となり、四半期の統計がある1992年以降で最大の伸び率を記録した。ただ、大幅増は新型コロナウイルス禍で初のマイナス成長に沈んだ前年の反動の側面が大き...

関連記事

PR

国際 アクセスランキング

PR