福岡138人感染、変異株疑い60人 新型コロナ

 福岡県は16日、138人が新型コロナウイルスに感染し、これまでの陽性者のうち60人に変異株感染の疑いがあると発表した。

 福岡市では67人の感染を確認。うち42人の感染経路が分かっていない。市は同日までに従業員ら5人の感染が判明した東区の「ハイ・グッド引越しセンター」を新たなクラスター(感染者集団)と認定した。また、公明党福岡市議団は同日、所属する男性市議の感染を発表した。

 北九州市は6人、久留米市は6人、3市以外の県内は59人だった。

 長崎県では23人の感染が発表された。感染者数が2桁になるのは、2日連続。佐世保市の長崎国際大、諫早市の横尾病院、同市の福祉施設がいずれもクラスターと認定された。

 熊本県と熊本市は、12人が新たに感染し、これまでの感染者のうち、熊本市の40代男性ら5人に変異株感染の疑いがあると発表。大分県などは6人の感染と、このうち4人の変異株疑いを公表した。

 佐賀県で7人、宮崎県で5人、鹿児島県で3人の感染もそれぞれ発表された。

関連記事

PR

社会 アクセスランキング

PR