奥泉光著『雪の階(きざはし)』(上・下)

 凝った文体で、二・二六事件前夜の日本を描いた長編ミステリー。聡明で個性的な伯爵令嬢の笹宮惟佐子は、富士の樹海で陸軍士官とともに遺体となって発見された親友の心中事件に疑問を抱き、調べ始める。戦前の華族社会の描写が優雅な物語はやがて、...

関連記事

PR

読書 アクセスランキング

PR