江戸時代の面影残す椎田宿 「地域の宝」観光資源へロゴマーク

 福岡県築上町の住民らでつくる中津街道保存活用検討委員会(委員長・塩田文男町議)が、江戸時代の面影を残す「中津街道椎田宿」を軸にした地域振興を進めている。3月に保存活用計画書を策定し、ロゴマークを作成。古民家の活用やガイドの養成を目指す。塩田委員長は「椎田宿を知ってもらい、街道の歴史を後世に伝える機運を高める一助になれば」と話す。...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR