田川発「コテンラジオ」が面白い【かわすじ今日談】

 歴史を学んでおくべきだったと、社会人になって何度も思った。記者としてある出来事と向き合う際、自分の引き出しに歴史の理解が入っていれば、もっと別の視点で捉えることができたのではないかと感じる。中学・高校時代、暗記すべき断片的な知識の多さに恐れをなして遠ざけた。歴史の理解とは、もちろんそんな断片的な知識ではない。そんな訳で今は必要に応じて歴史書を手に取っている。

 最近知った、ある歴史紹介プログラムが面白い。廃校を使った田川市の地域創生拠点「いいかねPalette(パレット)」から発信されるポッドキャスト番組「COTEN RADIO(コテンラジオ)」。地方発というのが痛快でもある。ポッドキャストとは、インターネットを使ってスマホやパソコンに無料配信する音声番組で、過去の分をいつでも聞ける。

 制作・発信するのは、歴史のデータベース化に取り組む株式会社COTEN(コテン)社長の深井龍之介さんと社員の楊睿之さん、いいかねパレットを運営する株式会社BOOK(ブック)社長の樋口聖典さんという歴史を愛する30代3人組だ。...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR