「こたけの昔ばなし」知っとる? 挿絵や地図付け20編を再編集

 小竹町観光まちづくり協会は、子どもたちに地域の歴史や文化に興味を持ってもらおうと、昔話20編を収めた冊子「こたけの昔ばなし」(A5判44ページ)を制作し、18日、販売を開始した。20年以上前に出た「子どもに聞かせる小竹の昔ばなし」を元に、漢字に読み仮名を添えるなど小学低学年でも一人で読めるよう再編集した。

 1998年の「子どもに聞かせる小竹の昔ばなし」の編集に関わった小竹郷土研究会の宮田聡会長(87)は「小竹には歴史資料館などがなく、子どもたちが地域史に触れる機会が乏しかったことが制作した動機」と振り返る。地域の昔話を集め一冊の本にし、親が読み聞かせることで子どもたちに郷土愛を持ってほしいとの願いを込めたという。...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR