長崎県で20人新規感染 4日連続で2桁 佐世保市では臨時休校も

 長崎県内では18日、新たに20人の新型コロナウイルス感染確認が発表された。2桁の感染確認は4日連続で、内訳は佐世保市5人、諫早市5人、長崎市3人、大村市2人、島原市、雲仙市、時津町、波佐見町、川棚町各1人だった。

 クラスター(感染者集団)が確認された諫早市の横尾病院では新たに職員2人と入院患者4人の感染が判明。患者の1人は死亡した。同病院関連の感染者数は計21人となった。

 同じく既にクラスターが発生した同市の福祉施設では新たに職員1人の感染が判明して感染者は計8人に、長崎市の飲食店でも関係者1人の感染が確認されて計6人となった。

 佐世保市は市内感染者の1人が、同市上京町の飲食店「銀寿司」を経営する50代男性と公表。男性と接触するなどした27人の検査を進めるとともに、発症前の14、15日の店の利用客で、症状に不安がある人には市保健所に電話相談するよう呼びかけている。

 また同市内の感染者のうち1人は市立学校の年齢性別非公表の関係者。市教育委員会は同校を19~21日の3日間、臨時休校すると発表した。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR