青天の色

 大河ドラマ「青天を衝(つ)け」はもうすぐ1万円札の顔となる渋沢栄一のお話である。彼は武蔵国榛沢郡血洗島村(現・埼玉県深谷市)の庄屋に生まれた。稼業は養蚕と藍玉作りである。栄一は14歳の頃から、父に連れられて近郊農家を回り、しっかりとした眼力で良質の藍葉を仕入れていく。

 大河ドラマの藍染・すくも指...

関連記事

PR

文化 アクセスランキング

PR