福岡県副知事に生嶋氏と江口氏を起用へ

 福岡県の服部誠太郎知事は19日、副知事に元県警総務部長の生嶋亮介氏(66)と元副知事の江口勝氏(66)を起用する方針を固めた。27日開会予定の県議会臨時会に選任案を提案する。任期はいずれも4年。県警本部出身の副知事は初めてとなる。

 生嶋氏は、筑後署長や早良署長、刑事部長などを歴任。現在は九電工で社長室部長を務めている。県警OBの登用で、服部県政が柱とする安心安全な社会づくりや頻発する災害への対応を強化する狙いだ。

 江口氏は1977年に県庁に入り、企画・地域振興部長や県企業管理者などを歴任。2017年4月に副知事となり、今月1日に任期満了で退任するまで副知事だった服部氏とともに小川県政を支えてきた。

 同県の副知事は3人体制で、県職員出身で現在2期目の大曲昭恵氏(63)は続投させる。

 県企業管理者には、元企画・地域振興部長の野田和孝氏(60)を充てる。任期は4年。

 (黒石規之、御厨尚陽、華山哲幸)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR