【★どうが★やさしい日本語】なくなった 学校(がっこう)に  あった  時計(とけい)が、また  動(うご)くようになった

福岡市中央区ふくおかしちゅうおうくに「簀子すのこ小学校しょうがっこう」という  学校がっこうが  ありました。

1912ねんに  できて、まちの  ひとたちが  運動会うんどうかいや  まつりを  ひらく  場所ばしょにも  なっていました。

でも  どもが  ったので、2014ねんに  学校がっこうは  なくなりました。

学校がっこうには、おおきくて  ふるい  時計とけいが  ありました。

いま時計とけいは  ちかくの  公民館こうみんかん(community hall)に  のこっています。

公民館こうみんかんの  遠藤えんどう  和子かずこさんは、むかし簀子すのこ小学校しょうがっこうを  卒業そつぎょうしました。

時計とけいを  のこすために、公民館こうみんかんが  時計とけいを  もらいました。

時計とけいは  こわれて  いましたが、また  うごくようになりました。

時計とけいの  みせが、「まちのためなら、ただで  なおします」と  ってくれました。

学校がっこうが  あった  場所ばしょには、これから、病院びょういんや  まちの  ひとたちの  建物たてものなどが  できる  予定よていです。

遠藤えんどうさんは「公民館こうみんかんにも  て  もらって、時計とけいを  ながら、学校がっこうのことを  思い出おも   だしてほしいです」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

九州ニュース アクセスランキング

PR