「よみがえる正倉院宝物」きょう開幕

 特別展「よみがえる正倉院宝物」(西日本新聞社など主催)が20日、福岡県太宰府市の九州国立博物館で始まる。19日には内覧会があり、「模造 螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)」など86件が報道陣や関係者に公開された。6月13日まで。

 奈良・東大寺の「正倉院」には、聖武天皇ゆかりの品など奈良、平安時代の品9000点が収められている。特別展では、それらの宝物を同じ材料や工法で模した再現模造86件を公開し、制作にまつわるエピソードや職人の声も紹介する。島谷弘幸館長は「奈良時代の宝物と同じ姿の精巧な名品。天平文化を身近に感じてほしい」と話した。

 一般1600円など。日時を指定するオンライン予約もある。事務局(西日本新聞イベントサービス内)=092(711)5491。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR