明治~昭和初期「土木遺産」に案内板 若松の港湾6施設 

 明治から昭和初期にかけ石炭積み出しのため整備された港湾施設が土木学会の「土木遺産」に認定されている北九州市若松区本町周辺で、一連の施設を紹介する案内板が立った。北九州市港湾空港局は「観光に活用するのはもちろん、市民にも地元の歴史に理解を深めてもらいたい」としている。

 若松、戸畑両区を結ぶ若戸渡船の若松側の海岸沿いには、石積みの物揚場や測量基準点、船の見張り所跡などが約850メートルの範囲に今も残る。...

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR