舁き山なき博多の夏、今年も 山笠振興会、2年連続見送り決定

 福岡市の夏祭り・博多祇園山笠の振興会(武田忠也会長)は20日、同市内で総会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7月に予定していた舁(か)き山の行事を来年夏まで延期することを決めた。舁き山の見送りは2年連続となる。福博の街を彩る飾り山は例年通り建てられる。

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録されている博多祇園山笠は毎年7月1~15日に開かれ、勇壮な舁き山と華麗な飾り山が同市・博多部を中心に披露される。クライマックスの追い山では七流(ながれ)の舁き山が速さを競い、早朝の街を駆け抜ける。祭り期間の15日間に約300万人(振興会発表)が訪れる。

 振興会は今年1月の総会で舁き山行事を実施する方針を各流に提案し、コロナ感染防止のガイドラインを作成したが、記者会見した武田会長は「舁き手たちがワクチン接種を受けられない現状では人命にもかかわり、市民の協力が得られない」と延期の理由を説明した。1年ごとに繰り上げている舁き山の順番は据え置き、来夏の行事に反映させる。飾り山は振興会の感染防止マニュアルに沿って、7月1日から公開される。

 博多祇園山笠は太平洋戦争中に中断し、戦後の1948年に復活した。昨年に続く舁き山行事の延期に、武田会長は「残念でならないが、もう1年我慢して、(来年は)もっといい山笠にしたい」と語った。 (手嶋秀剛)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR