宗像氏子孫寄贈 「殉死」いさめる幕府医師の手紙など公開

 熊本県多良木町は20日、世界文化遺産の宗像大社(福岡県宗像市)の大宮司家、宗像氏の子孫から寄贈された一連の文書の調査結果を発表した。主君だった戦国武将・小早川秀秋や熊本藩主・細川忠利からの書状のほか、「殉死」をいさめる江戸幕府の医師からの手紙を新たに公開。研究者は「これだけの資料を子孫がまとめて保存し続...

関連記事

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR