規模縮小一転…「どんたく」演舞台も中止 松囃子は実施予定

 「博多どんたく港まつり」を主催する「福岡市民の祭り振興会」(会長=藤永憲一・福岡商工会議所会頭)は21日、規模を縮小して5月3、4日に開催するとしていた演舞台行事について、新型コロナウイルスの感染再拡大を踏まえ中止を決めたと発表した。3月中旬に中止が決定していたメイン行事のパレードと合わせ、2年連続の中止となる。

 演舞台行事のインターネットでの生配信も取りやめる。祭りの源流で、国重要無形民俗文化財の伝統行事「博多松囃子(まつばやし)」は実施予定という。

 パフォーマンスを披露する演舞台は例年、JR博多駅前など市内約30カ所に開設される。今年は9カ所に減らし220団体が参加する予定だった。振興会事務局は「最近の福岡県内の感染急増を受け、安全面を考慮し苦渋の決断となった」と話した。(横田理美)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR