筑後地区で感染急増、医療崩壊の懸念 療養施設は8割埋まる

 筑後地区の新型コロナウイルス感染者が4月中旬以降、急増している。これまで人数が比較的少なかった大牟田市や柳川市など南部での増加が目立ち、若年層にも感染が広がっている。21日も1日当たりの感染確認数の過去最多を更新。医療崩壊を心配する声も聞かれる。

 緊急事態宣言が解除された3月1日以降、1日当たりの人数が2桁に達した日はわずかだった。だが、4月14日に48人の感染が確認され、1月14日の36人を上回る過去最多を更新。その後は30~60人台と過去にない大人数で推移する。...

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR