九州の景気判断5カ月連続据え置き 日銀福岡支店

 日銀福岡支店が21日発表した九州・沖縄の4月の金融経済概況は、景気の基調判断を「厳しい状態にあるものの、輸出・生産を中心に持ち直しつつある」とし、5カ月連続で据え置いた。項目別では個人消費と設備投資の判断を引き上げた。

 個人消費は「持ち直しの動きが一服している」から「持ち直しつつある」へと5カ月...

関連記事

PR

経済 アクセスランキング

PR