「資さん」メニュー選べる子ども食堂 北九州市で月1回無償提供

 北九州市のうどんチェーン「資(すけ)さん」が、地元で「ソウルフード」とも呼ばれる看板メニューを、子ども食堂に無償で提供する取り組みを始めた。同市内に約30カ所ある子ども食堂が対象で、月に1カ所程度提供する予定だという。

 メニューを選ぶ楽しさも味わってもらおうと、うどんやカツ丼など約10種類から事前に選んでもらい、食堂の最寄りの店舗が用意する。今月12日には同市若松区の子ども食堂「あーぶくたった」で130食分が振る舞われた。

 同社の佐藤崇史社長は「子どもの支援は飲食業界が取り組むべき大きな社会課題。今後も続けたい」。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR