鉄格子と砂時計と戦犯 巣鴨版画集(中)

モノが語る戦争 嘉麻市碓井平和祈念館から(32)

 1945(昭和20)年に終戦を迎えたアジア・太平洋戦争の戦争犯罪の罪を問われ、巣鴨プリズン(東京拘置所)に収監された戦犯たちの日常を描いた「巣鴨版画集」。表紙には、鉄格子の上に書かれた題字を挟んで、半分以上の砂が下に落ちた砂時計と両手を縛られた男の姿が描かれている。砂時計はいつ訪れるとも分からぬ処...

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR