【動画】天神ビッグバン、ラップで易しく教えるYO! by星屑ロンリネス

 福岡市を中心に活動する3人組の音楽グループ「星屑(ほしくず)ロンリネス」が、「天神ビッグバン」プロジェクトを題材にしたラップ調の楽曲をリリースした。その名も「天神ビッグバンアタック」。勢いのあるリズムに乗せ、再開発の概要を盛り込んだ歌詞が体に染み込んでくる。

「天神ビッグバンアタック」

 グループは2013年結成。MCはなさん(38)、MCはじさん(29)、DJふぉーとぅーきーさん(40)の3人で構成する。これまでサウナや新車のCMソングなどを手掛けてきた。

 新型コロナウイルスでライブの機会を失う中、はなさんは、エフエム福岡のラジオパーソナリティーやアイドルの踊りの振り付け、はじさんは司会の仕事などで食いつないできた。

 いつも行き来する天神中心部のビル解体や建築はコロナ禍でも変わらず、目に見えて進んだ。「内容を知らない人が多いだろうから、ラップで分かりやすく伝えたらいいんじゃないか」。そう思い立ち、プロジェクトを勉強しながら、昨年9月ごろに一気に仕上げた。

 ♬有名な 福岡ビル、ビブレ、天神コア コア 壊すの怖いけど その後は 雇用は 2・4倍

 ♪九州初のリッツ・カールトン 豪華なホテルがあるとないとじゃ ワールドワイドな福岡にさ 出てくるはずさ さらに

 歌はリズムよく、力強く進んでいく。「何かをひもとくような歌詞をラップ調にするのが得意技」。はなさんとはじさんはそう語る。曲を作った後、はなさんがパーソナリティーのラジオ番組で数回流し、13日からネット配信も始めた。

 福岡市南区で育ったはなさんにとって若いころ、天神は「洋服を買いに行くために、近くの店で買った新しい服を着ていくような、背伸びしていく場所だった」。天神の発展を横目にしながら、自分も大人に。「ビッグバンで、遊びや仕事がしやすい場所に生まれ変わってほしい。ほかの地域から福岡に来た人を案内できる、名所みたいなところができたらいい」と願う。

 変化だけを求めているわけではない。

 ♪変わりゆく街並み天神 ばってん変わらんもんもあるったい

 「決して東京とか大阪のような大都市を望んでいるわけではないです。実際、今も不便じゃないし」という2人。「めちゃめちゃ進化するところと、天神が持っている今ある良さが残る開発であってほしいですね」と思いを込める。(竹次稔、三笘真理子)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR