暖かいのに“雪化粧” 芦屋町でヒトツバタゴ見頃

 福岡県芦屋町の岡湊(おかのみなと)神社でヒトツバタゴの花が見頃を迎えた。白い花々が木を包み込むように咲き、訪れた人からは「雪が積もったみたい」との声が上がっていた。

 ヒトツバタゴは「なんじゃもんじゃ」とも呼ばれるモクセイ科の落葉樹。林田浩倫(ひろつぐ)宮司によると、今年は10日ごろに咲き始めた。いつもの年より10日ほど早いという。夜間のライトアップはコロナ禍で昨年に続き中止となった。 (菊地俊哉)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR