丸山、けがは順調に回復 柔道世界選手権

 6月の柔道の世界選手権(ブダペスト)で連覇を狙う男子66キロ級の丸山城志郎(ミキハウス)=宮崎市出身=が22日、オンラインで取材に応じ、全日本選抜体重別選手権を欠場する要因となった右足首の捻挫は順調に回復していると明かした。

 都内で行われている全日本男子の強化合宿に参加中。「(右足首は)完治はしていないが、練習は問題なくできている」と説明し、「とことん追い込んで踏ん張る時期」と急ピッチで調整している。直近の実戦は阿部一二三(パーク24)に挑んだ昨年12月の東京五輪代表決定戦。ブランクが懸念されるが「どんな状況でも勝ちきるのが強い選手」と連覇を誓った。 (末継智章)

関連記事

PR

スポーツ アクセスランキング

PR