2年ぶり、春風に泳ぐ #この一枚

 福岡市早良区原の飯原小の東側を流れる油山川に、飯原校区自治協議会と同公民館が、こいのぼり40匹を掲げている。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止となり、2年ぶりの開催となった。

 川の浄化意識を高めてもらおうと、住民有志が1997(平成9)年、家庭に眠るこいのぼりを飾り始めた。今年は、新型コロナ感染防止策として、川に掲げる作業を軽減するため、こいのぼりの数を減らしたという。

 昨年10月に男の子が生まれた主婦(23)=同区飯倉=は「息子が初節句なので、大きなこいのぼりと一緒に撮れて良い記念になりました」と話した。

 (岡部拓也)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

7人の作家スタンプ展

  • 2021年5月11日(火) 〜 2021年6月15日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店1階昇りエスカレーター前

福岡 アクセスランキング

PR