川内原発の「基準地震動」想定上回る 九電、新計算法で見直し

 九州電力は26日、原子力施設の地震対策に関する原子力規制委員会の規制基準改正を受け、耐震設計の目安となる地震の揺れ基準地震動」を新たな計算方法で見直したところ、川内原発(鹿児島県薩摩川内市)でこれまでの想定を上回ったと発表した。現時点で安全性に問題はないとみている。

 断層などの痕跡が地表に現れ...

残り 229文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

鹿児島県の天気予報

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR