遠賀川の空に泳ぐこいのぼり

 福岡県中間市役所横の遠賀川河川敷に、今年も150匹のこいのぼりが泳いでいる。

 「中間にも大分の天ケ瀬温泉、佐賀の川上峡のようなこいのぼりを掲げよう」と中間市婦人会の会長、木下幸子さんが声を上げたのが20年以上前。ボランティア団体「なかま三世代ふれあいの会」と、市内外から使わなくなったこいのぼりを引き取って掲げている。

 こいのぼりは長さ約12メートルの木の柱30本に取り付けられている。5月12日、中間市を通過する東京五輪の聖火を、河川敷のこいのぼりも近くで迎える予定という。

 (菊地俊哉)

福岡県の天気予報

PR

PR