鹿児島線停電の原因はカラス JR九州、調査結果を発表

 JR鹿児島線の東郷(福岡県宗像市)-海老津(同県岡垣町)間で23日、上り線が停電し、最大約8時間40分にわたり運転を見合わせたトラブルについて、JR九州は28日、カラスがトンネルの壁面と架線の間に入り込んで感電し、架線が切れたことが原因とする調査結果を発表した。

 同社によると、停電発生時に立ち往生した特急ソニックの車両上部でカラスの死骸が見つかり、車両やトンネル内にショートした跡があった。鳥類がトンネル内で感電、停電した例は珍しいという。今後、再発防止策を検討する。 (古川剛光)

関連記事

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR