『朗読ドラマ集 宮澤賢治 中原中也 金子みすゞ』 末原正彦著

 生前は無名に近く、夭逝した後に国民的詩人となった3人の人生を、それぞれ朗読ドラマに仕立てた。「短い生涯であったが、密度の濃い時間を生きて優れた詩篇を数多く残した謎を、明らかにしたいと思ったのだろう」-詩人・評論家の鈴木比佐雄が解説で述べている。3作とも進行役の語り部、主人公と身近な人々(中也の場合...

残り 65文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR