「持続可能」の実現見据えて コロナ後の観光

 東京都などで3度目の緊急事態宣言が発令されるなど、予想を超えるコロナ禍の長期化で、観光業回復の時期はいまだ見通しが立たない。コロナ終息の兆しが見えない中、観光業界は生き残りをかけて急速に転換を迫られている。

 人の交流が減少する社会において観光産業は必然的に衰退する。昨年に実施された約3カ月間の「Go To トラベルキャンペーン」は、一部の地域、施設に恩恵が集中する問題はあったが、前年同期間の延べ宿泊者数の半分まで回復する効果をもたらした。...

残り 816文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR